カプセルと瓶

アレルギーとアナフィラキシー反応

多様な薬

アレルギーには様々な種類がありますが、いずれもその原因物質がアレルゲンとして体内に侵入することから始まります。
アレルゲンから体を守るために体の中には抗体と呼ばれる物質が作られており、その抗体とアレルゲンが結合すると諸症状が引き起こされると言うわけです。
たとえばそれが鼻や目に出るとくしゃみ、鼻水、鼻づまり、涙目、目のかゆみ、瞼の腫れなどの症状が出てきます。
呼吸器系統に出てくると、喘息や喘鳴などの症状が出てきます。
これらの症状は程度に差こそあれ、命の危険に直結すると言うわけではありませんし、単独で出ていれば問題はありません。
しかしごくまれに、アレルギーが発症してから短時間に全身性の症状が出る場合があり、それがアナフィラキシーと呼ばれる反応です。

全身性ですから、皮膚、粘膜、呼吸器や消化器、更には循環器にまで症状が出てきてしまい、しかもそれが同時多発的に発症するわけですから、非常に命に対する危険度が高いのが、アナフィラキシーのひとつの特徴です。
血圧の急激な低下や意識障害、呼吸困難や全身痙攣などが引き起こされることもあるため、処置が遅れると命を落としてしまう可能性もあります。
実際、日本においては、2011年度には71名の方がこれを原因として死亡していると言うデータも発表されています。

アナフィラキシーは、全てのアレルギーにおいて出てくる反応ではありません。
特に気をつけたいのは食物や薬物に関してアレルギーを持っている方で、これはその原因物質が体内に直接、摂取され吸収されるためです。
このように書くと、自分は食物にも薬物にもアレルギーは持っていないから大丈夫と思われる方もいるかもしれません。
しかし実はこの反応は、蜂の毒によって引き起こされることもある反応です。
ですから蜂に刺されることに関しては、抗体ができている2度目以降は勿論のこと、初めて刺されたと言う場合にも、気をつける必要があります。

関連記事