カプセルと瓶

アレルギーの喉の腫れを抑えるおすすめの方法

花粉症の方は花粉の時期になるとマスクや薬等で対応されている方が多いと思います。
ですがそれでも鼻水やくしゃみ、目の痒み等苦労されていると思います。
中には喉の腫れや痛みを伴う方も多いと思います。

まずなぜアレルギーで喉が腫れるかというと、大きな原因の1つに口呼吸があります。
鼻水や鼻づまりにより口呼吸をしていると、乾燥した空気が直接入ってくることによって炎症がおこったり、鼻水が喉に流れ込む事により炎症が起こったりします。
口呼吸により口内免疫が低下する事で雑菌が繁殖し起こる事もあります。
ヘルペス等のウイルスやカンジダ等のカビが増殖して起こる場合もあります。
花粉によるアレルギーの他にも、黄砂や大気汚染により咽頭痛が起こったりもします。

対処方としては、基本的にアレルギー症状が悪化して咽頭痛が起きていると考えられるので、アレルギー症状を緩和させるような処置が必要です。
花粉症ならば、外出時はマスクやメガネを着用し、コートはつるつるとしたはらえば花粉が落ちやすい物を着るようにします。
帰宅後は洗顔やうがいをきちんとし、体に着いた花粉を落とすのが大切です。
外でさっとはらい、家の中になるべく花粉を持ち込まないようにします。
うがい薬ではなく真水でうがいをします。

緑茶を飲むのもお薦めです。
緑茶に含まれるカテキンには、抗酸化、抗ヒスタミン作用があり炎症を緩和させたり雑菌を抑える効果が期待てきます。
抗アレルギー効果の高いリコリスのリコリスティーもお薦めです。
抗炎症効果もあり、喉の痛みや咳に効果があります。
疲労は自立神経を過敏にしアレルギー反応を起こしやすくします。
充分な睡眠をとりストレスを溜めないようにし、アレルギー症状を悪化させない事が1番の予防方です。

関連記事