カプセルと瓶

缶詰でのアレルギー反応は金属のせい?

缶詰の中中身を食べたり缶ジュースを飲んだ時に口の中がピリピリするような違和感を感じることがある人がいます。
中には桃やパイナップルの様に食材そのものにアレルギー反応を起こすこともありますが、ミカンや魚の缶詰など食材に関係なく、缶詰の中身を食べると違和感を感じる人は金属アレルギーの可能性があります。
缶詰や缶ジュースなどの様に感から溶け出した金属が含まれ、それに反応したことが考えられます。
洋服に付いているジッパーや装飾品が肌に直接触れた時に赤く腫れたり痒くなったりしたことのある人は注意をする方が良いでしょう。

検査は耳鼻科、皮膚科などでも行うことが出来るので、もし調べたことが無いなら、一度検査をしてみると良いでしょう。
というのも、私たちの周りには装飾品だけでなく、多くの金属があり、食べ物の中にも微量の金属が含まれているので、アレルギー反応を悪化させる原因にもなりかねます。
またただ一言金属アレルギーと言っても、ニッケルや銅、すず、亜鉛など様々あり、それらが含まれる食材は異なります。
そのため仮に自分が金属アレルギーなら、何の金属に反応しているかを確かめる方が、生活をする上で気を付ける事象や食材も変わってきます。

だからといって食材を完全除去するのか、と言えばそうではなく、好きだからと言って大量に摂取しない様に気を付けることが重要です。
例えば牡蠣には亜鉛が多く含まれていますが、いくら好きだからと言って一度に何十個も食べるような食べ方が駄目なのであって、適度に食べるのであれば問題ありません。
しかし金属アレルギーが分かっているなら、缶詰や缶ジュースなど金属類に入った飲食物を口にするよりも、プラスティック容器やペットボトルなど代替品を使用する方が無難かもしれません。

関連記事