カプセルと瓶

食べ物アレルギーと好き嫌いは違う

葉の上にあるカプセル

アレルギーによって引き起こされる症状は様々です。
共通して起こりやすい症状としては、くしゃみ、鼻水、鼻づまりと言ったアレルギー性鼻炎、それと併発しやすい涙目や目の痒み、そして下痢、吐き気などが挙げられます。
これらの症状は程度が酷くなると日常生活に支障を来す場合もあります。
しかしそれでも、命の危険に直結すると言う可能性はほとんどありません。

しかし、食べ物アレルギーで引き起こされることの多いアナフィラキシーは、これらの症状とは異なります。
全身のあらゆる臓器、皮膚や粘膜、呼吸器や消化器などに短時間で、同時多発で不調が発生するのがアナフィラキシーです。
そのため急激な血圧低下、意識消失、呼吸困難、全身痙攣と言った症状が出る恐れもあり、処置が遅れると命の危険に直結する可能性も高い症状と言えます。
数あるアレルギーの中でも、何故、食べ物アレルギーのみがこれを発症する可能性が高いのかと言うと、食べ物は直接、体内に取り入れるためです。

アナフィラキシーの厄介なところは、それがいつ出るのか、まったく予想できないと言う点です。
ですから、たとえ食べ物アレルギーが軽度な人でも、それを抱えている以上は、その食べ物を口にすることでアナフィラキシーが出てくる可能性があると言うわけです。
そのため食べ物アレルギーを抱えている人は、原因の食べ物を僅かな量でも口にしないよう、とても気を配る必要があります。
理解のない人から見ると、その様子は神経質すぎるふうに見えるかもしれません。
しかしこれは、自分で自分の命を守るためには欠かせないことなのです。

また食べ物アレルギーと好き嫌いを混同している人も少なくありませんが、それとこれとは全く違うものであり、また関係のないことです。
それを結び付けるのはとても乱暴なことですし、ましてそれをもって冷やかしたり、非難したりするのは論外です。